旅行・地域

鮑、堪能♪

7月16日土曜日、くまさんと友人、計4人で伊勢志摩へ行ってきました。
(くまねこ、半年ぶりの遠出。普段は土日、祝日も仕事なんでsweat01)

志摩半島の外海側にある、海女小屋体験へ。
オートキャンプ場のすぐ近く、海からも近い。

実際に使われている海女小屋を忠実に再現した小屋の中で
海女さんが炭火で海鮮を焼いてくれます。
もちろん、お話も聞けます。

メインは、大きな鮑。今が旬だそうです。
活きているものを炭火にかけると、グネグネと踊りだしました♪

20110716
写真の右上は海女さんの手(黄色いの)。

201107164

20110716_2

大きかったです。
貝の長さが10センチ以上。
一般に流通している鮑は白あわびとか。
それは焼くと無残にも縮んでしまいます。
でも、今回用意してくれた黒(青)あわびは
写真の通り、焼いてもほとんど身が縮みません!
肉もとても厚く、とっても柔らか。
これ一つでもけっこうなボリュームです。

さざえ、緋扇貝も。
20110716_3

何も味付けしなくても、海から獲ってきたそのままで
十分塩味が効いている。

この他に、イカまる一匹、干物(うるめとサメ!)、
てこね寿司もあり、お腹一杯になりました

以前は、この地区の海女さんは100人以上いたそうですが
今は30人、しかもそのうち男性が8人とか。
海が汚れて、海産物がだんだん獲れなくなっているそうです。
こんなにおいしい海の幸が減っているなんて
海鮮大好きなくまねことしては、悲しいです。
(基本、ネコcatですからheart02)

いつでもこんなに立派な鮑が入るとは限らないとのことですが
ご希望の方は「海女小屋体験」で検索してみてください。
予約が必要です。

価格と品質に自信あり!三重県伊勢志摩産の天然活サザエを、独自技術で新鮮なまま急速冷凍。つぼ焼に最適な中サイズです。【国産さざえ 中サイズ】1個 60〜80gの冷凍品 価格と品質に自信あり!三重県伊勢志摩産の天然活サザエを、独自技術で新鮮なまま急速冷凍。つぼ焼に最適な中サイズです。【国産さざえ 中サイズ】1個 60〜80gの冷凍品

販売元:グローバルシーフード
楽天市場で詳細を確認する

訳ありのひおうぎ貝、送料無料♪ 通商あっぱっぱ貝15枚2011年★訳あり★【送料無料】ひおうぎ貝(あっぱっぱ貝) 15枚入り【smtb-TK】【s-mail25】【s-mail56】【smtb-tk】 訳ありのひおうぎ貝、送料無料♪ 通商あっぱっぱ貝15枚2011年★訳あり★【送料無料】ひおうぎ貝(あっぱっぱ貝) 15枚入り【smtb-TK】【s-mail25】【s-mail56】【smtb-tk】

販売元:まる磯 伊勢志摩
楽天市場で詳細を確認する

天然の黒アワビを贅沢に![国産]活黒あわび(天然) 5個 天然の黒アワビを贅沢に![国産]活黒あわび(天然) 5個

販売元:愛魚インターネット魚市場
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0)

逃避行記25~サンデーマーケット3~

サンデーマーケット、ラスト。

とにかく、いろんなものが売られているんだけど
動物もいっぱいheart04

202 きゃー、可愛いheart02子犬。
箱から出ちゃう~~sweat01
で、これは売り物?
まさか、食用?
ゲージに入っていないよ~~。

212 カメ。
左は丸い甲羅のカメ? スッポン?
飼うの?

222

あら、動物じゃなくなった。
これは、先にあった「猫鬚草」のエキス。
右の「紅田鳥」、他の店でも売っていたけど、
ホント、これ、何に使うの?
ハーブって言う文字も見えるけど。

242 またまた、ワンちゃん。
これはペットよね? 食べないよね?

252 インコもたくさん。
きれい~~。
ゲージの上のは、良く見たら作り物だったhappy01
うーん、やっぱり、ここに住んでいたら買いたくなる!

262 わーお、ウサギまで。
これ、アンゴラ?
右の小さいのは?
食べないよね???

272

写真では良く見えないかもしれないけど、
おたまじゃくしっぽい。
なまず?
どっちにしても、ペット?
大きく育てて食用?
と、つい、考えてしまうcoldsweats01

282

と、あらぬ想像をしてしまうマーケットだったけど、
最後にお口直し、ブーゲンビリア。
南国にはお似合いの花よねheart

と、一時間半くらいかな、300m弱の通りの両側と、
もう一本並行する通りの店も
一巡り半くらいウロウロした。

最後に、現地では有名なゼッセルトンホテルで、
気になっていたジュースに挑戦punch

2 ゼッセルトンって、コタキナバルの古い名前なんですって。
なかなか味のあるホテル。
でも、ちっちゃいの。
知らなかったら通り過ぎてしまうくらい。

2_2 モーニングメニュー。
私のではありませんsweat01sweat01
人のをこっそりcamera
隣のテーブルは中国語で商談中の華人のグループでした。
思わず、話の内容にear

2_3 私が、気になって仕方なかった
Honeydueのジュース。
説明も何も書いていなかったので、
最後の最後に挑戦してみた。

ら、

ナントsign03

大好きなメロンジュースだったshine

Honeyって書いてあるから、
すごーく甘いものを想像していたんだけど、
日本のスーパーで「ハネジューメロン」として売られている
メロンのジュースheart04
なーんだ!
わかっていたら、もっと飲んだのに~~。
とっても、とってもおいしかったです。
あー、持って帰りたいheart02

さてさて、逃避行もそろそろ終わり。
チェックアウトして空港に行かなければならない時間が
迫ってまいりました。

でも、逃避行記は、まだ、続くwink

| | コメント (0)

逃避行記24~サンデーマーケット2~

サンデーマーケットの続き。

ふふふ、ここからが面白いhappy01

092 なんと、バナナの横で「カニcancer」が売られていたsign01
カニ、生きていたよ!
それにしても、真っ黒なカニ。
どんな料理に使うんだろう?

102 出ました!
ドリアンsign03
ホテルや公共の場所、持ち込み禁止の果物。
香港滞在中に一度だけ食べたけど、
匂いはやっぱり、強烈annoyだった。
お味はいいんだけど……。
地元住民だったら買いたいwink
その左には、さまざまなバナナ。
日本で良く目にする形のはなかった。

112 バナナの葉?
何か入っているのかなぁ。
う~ん、言葉が通じないと不便coldsweats01
英語、もちろん通じない。
中国語もここの人はだめだった。
マレー語、私がわからない。
隣はとうもろこしよね。
こっちは普通なんだけど。。。。。

122 これこそ、何?
誰か知っている方がいたら、ぜひ教えてください!
きゅうりかズッキーニと一緒に売られているということは、
野菜?
でも、この形は果物っぽい。
何これ~~sign02

132 マンゴーheart04
後で写真見て気づいたんだけど
表面に値段が書いてある。
RMはマレーシアリンギットのこと。
当時1RM=25円だった。
や、安いlovely
話違うけど、5日間マレーシアにいて
最後までこの「RM」が「RMB」(人民元、中国の通貨)に見えて
仕方なかったsweat02
習慣というのは恐ろしい。
ちなみに「RMB」だったら、1RMB=14.5円くらい。
ついつい、14.5円で計算していまい、
違うsweat01、違うsweat01、25円だ!と、何度、計算しなおしたか……。

142 というのは、この写真で見えるかな?
中国語も街のあちこちにあって
ついつい中国語をしゃべってしまうんだよね。。。。
中国にいるような気分だったの。。。。
ちなみに、ここに書かれている中国語、
みな繁体字で、読めるんだけど
何か、は不明。
漢方の生薬かな? ハーブかな?
大陸では見たこと、なかった。

152 「猫鬚草」。
多分、日本で言う「トラノオ」。
腰の骨の痛み、結石、風邪、腫れ、
高血圧、糖尿病に効く、
と書いてあるけど、ホント?
聞いたこと、ないよ~~。

162 えっ? つくし?
真ん中のやつ。
でも、穂がないよな。
日本以外でも食べるのかなぁ。

172 何、これ?
芋???

182 なんと、ラクサが袋入りで売られていた。
家に持ち帰って簡単調理するのかな?
右隣は「ナシ・レマク」だから、白飯よね。
こうやって売られていると、おいしそう。
あー、この日帰国じゃなかったら、
不思議なもの、みんな買って試してみるのにdespair

192 中国語表記で一番面白かったのは
これかな?
「打不死」(叩いても死なない)って、一体、何?
百益無害、水虫、一日一回、薬草の葉……???

マーケット巡りは、まだまだ続きます。

| | コメント (0)

逃避行記23~サンデーマーケット1~

逃避行、最終日。

この日、日本に戻るというのに、
朝一fujiからサンデーマーケットへ出かけた。

「サンデー」マーケットの名前の通り、日曜日しか開かれない
庶民のお買い物の様子が見られる市場。
ツアーでは、たいていフライト時刻airplaneの関係で見られない。
今回は出発が12時頃で、ツアーガイドさんが
ホテルhotelに迎えに来てくれるのが10時だったので
それまでにホテルに戻ればよく、
6時の朝食ビュッフェオープンと同時に食事restaurantを始めた。

ホテル、最後の朝食。
ピンクグァバジュースが気に入って、最後に一杯bar

2009020812

一枚の写真では収まらず、右の方を写す。
一番左に見えるベージュのは、湯葉のようなもの。
他には、魚のカレー、ラタトゥユなど。2009020822

2009020832ご飯は、ココナッツかくるみが乗っている
コタキナバルご飯と名づけられたもの。
ちょっと辛いエビも。

2009020842
実は前日の夜、晩ご飯抜きだったので、
マフィンを1つ追加happy01

と、腹ごしらえをして、7時前にはホテルを出発!
いざ、サンデーマーケットへdash

ここには、一般の方向けのありとあらゆる品物と
観光客向けと思われるお土産などが売られている。
が、お土産はすでにしこたま買っていたので
それ以外のものを中心に見た。
客も、地元の人と見られる人ばかり。
ムスリムの格好をした人もけっこういたし、
中国語も飛び交っていた。
ここに日本人が来ることは想定されていない。
以下、見た順に写真up。

012 エアープランツ。
日本でもよく売られているけど、
マレーシアではいくらくらいなのか、、、見るの忘れたsweat01

022 ミリオンバンブー。
これも日本でもよく見かける。
いくらなのかなぁ。
マレー語しか通じなさそうだったので
聞かなかった。

032 植物があるかと思えば、
ペット用と思われるハムスターも。
いっぱいいて、可愛いheart02

042 これもペット用よね、ネコ。
「なんで、あたいがこんなところで売られなきゃいけないのよ!」
って感じの顔(笑)
売り物だったら、もう少し愛想よくしたら?

052 こちらは売り物ではありませんsign03
番犬らしい。
写真撮っていたら、お店のオーナーと思われる男性が
ワンちゃんをしっかり、こちらに向けてくれた。
サービス満点heart

062 これはお土産用なのか、
自宅用なのか……。
カラフルできれいだったのでcamera

072 マーケットの会場。
ふつーの通りです。ガヤ・ストリート。
日曜の朝だけ、車進入禁止になり、屋台のようなお店が
たくさん並びます。

082 マレーシア建国記念のモニュメントもここに。

cameraはまだまだあるのですが、続きは次回にheart04

| | コメント (0)

逃避行記22~ラサ・リアでお茶~

逃避行、四日目。

ワニをいっぱい見て、歩き回って疲れ、
次に訪れたのは、これまた高級リゾートホテル、
シャングリラ・ラサ・リア。
市街地から一番遠い、有名リゾートホテル。
ここは、完全内にホテル滞在型リゾート。

20090207012
ロビー天井。
日の光が透けて見えるデザイン、ステキです。
これを延々見ていた気がする。
提灯の飾り方もなかなか。

20090207022
広い、半屋外型ロビーの一角には、民族音楽の生演奏コーナーも。

20090207032
ロビーから見たビーチ。ここのビーチもひたすら広いです。

20090207042
ビーチの一角には、イベントスペース。
結婚式とかもここで出来ちゃうんだろうなあ。
皆さん、いかが?

20090207052
やっと、休憩バー
ロビーからレストランに場所を移して
トロピカルドリンクを堪能。
名前は……忘れましたあっかんべー
とにかくおいしかった。
ここで、知人といろいろお話。
オフシーズンで、時間もちょっと中途半端だったので
レストランには誰もおらず、のんびり占拠しました。

と、休んで、お話して、飲んでいるうちに夜に。

200902072
えーっと、何モスクだったかな? 忘れた…。
モスクの周りに池があるところ。
水に映った姿がまた、きれい。
車窓の中から撮ったのでちょっと不鮮明だけど
幻想的です。

五日間の旅の四日目は、こうして終わりました。

いよいよ、最終日が来ます。

| | コメント (0)

逃避行記21~クロコダイル~

逃避行、いよいよ終盤。

四日目、2月7日午後は、コタキナバル郊外Tuaranにある、
クロコダイル・アドベンチャー・ランドへ。

が、日本のガイドブックには載っていない。
ツアーのオプションにも入っていない。
現地に住んでいる知人の紹介で初めて知った場所。

クロコダイルというからには、ワニがたくさんあせあせ

じゃーん!

20090207012
入り口はいってすぐのところに、ワニの剥製!

ではなくホンモノですあせあせ(飛び散る汗)

ぴくりとも動かなかったのですが、
口が縛ってあるので、ホンモノ、とわかりましたうれしい顔
恐る恐る触ってみたけど、なんということはない、
硬い革でした(笑)

パンフレットを見ると、午後3時からワニのショーがあるとのこと。
ちょうどいい時間だったので、人の多い方へ……。

なにやら音楽ムードが流れてきて、
割と小さ目のワニがお兄さんに担がれて登場ぴかぴか(新しい)

20090207022

そして大きなワニ数匹のうち、特別大きいヤツに

20090207032

キャー、乗った!

20090207042

キャー、寝そべった!

20090207052

キャー、余裕で手、振ってる!

と、ワニ君と戯れてくれました。
ワニは終始、口を開けていたけど、かみつきはしなかった。
何かをすると、口が閉じない、と聞いたけど
よく見えなかったので、不明。。。

大きな拍手でおしまい手(パー)手(パー)手(パー)

今度は人が別のところに向かって行く。
着いて行くと、民族衣装を着た人のダンスがあるらしい。

が、

20090207062

出てきたのは、この二人だけ。
パンフレットには、もっと沢山の人で踊っている写真が
載っているのにダッシュ(走り出す様)

ご愛嬌って感じで、5分くらいで終わり。
ここは中華系の人がたくさん来るのかなぁ。
舞台には中国語の横断幕。
チャイニーズイヤー直後だからか。。。

雨がポツポツしていたけど、一通り、けっこう広い園内を回った。

20090207072
観光客が動物に餌をやれるコーナー。
他の人が持っていた草(有料ですドル袋)のおこぼれを
私もやってみた。
写真はないけど、すごい鼻息で食べてくれましたあっかんべー

20090207082
サピ島にもいた、オオトカゲ。
こういうの見ると、やっぱりマレーシアは南国なんだなぁ
と再認識。

20090207092
こには鳥類もいます。ダチョウ。
目がとっても可愛い。

20090207102
名前忘れてしまった鳥。
体の模様がきれい。

20090207112
きれいな鳥と言えば、孔雀。
残念ながら羽根は開いてくれなかったけど
それでもキレイです。

他にも、なぜかニワトリなんかもいました。

20090207122
またまた歩いて行くと、今度はバンビ!
こちらへ寄ってきてくれました。

山羊だっけ?羊だっけ?もいました。
こんな暖かいところにいて大丈夫なのかな?

20090207132
ぐるっと回っていると、ワニの餌付けの時間が近づいてきた。
うじゃうじゃいるワニ池で待っていたけど、
15分たっても、係りの人は来ない。
今日は餌、なし?
マレーシアでは、こんな変更は当たり前、なのか……。

ここにはいろいろな種類のワニがいたけど
50歳とか70歳とかのワニもいて、
大きいのが見られたのはなかなか面白かった。
キライな人は、逃げ出したい場所かもしれないけどウインク

20090207142
最後、出口の前には、一応、観光地を意識してか
革製品のお店がありました。
入り口には、大きなワニ革。
盗まれないの?

お店には誰もいなかったけど、どこで見ているのか
私が入っていったら、カウンターにお姉さんがやってきた。
でも、さすが、本革。
とても手が出ません。
証明書がないと、税関で没収されてしまうし。
ワニ革にはさほど興味もなかったので
ささっと見て出てきました。

そうそう、生のワニ肉も売っていた。
ど、どうやって調理すれば……。
食べたことはあるけど、味、、、忘れましたあせあせ(飛び散る汗)


ガイドブックに載っていない観光地を回るのもいいかも。
さすがに日本人は誰もいませんでした。

| | コメント (0)

逃避行記20~マレーの昼食~

逃避行、四日目(2月7日)。

この日は知人の仕事の関係で、朝7時半くらいの待ち合わせ。
ビュッフェのレストラン開店と同時くらいにレストランに。

朝食のレストランからの眺め。

Photo
宿泊したホテル敷地内のコテージ棟が遠くに見える。

2
前日、雨の中泳いだ屋外プール魚


朝食は、そろそろ野菜が恋しくなり、サラダを山盛り。
2009020712

そして、ひたすら動くと思われたので、しっかり食べた。
2009020722


朝一のお仕事を終えて(ご苦労様です!)、
ホテルに迎えに来てくれた知人と街のあちこちへGO!

最初に寄ったのは、コタキナバル市内にある
別のリゾートホテル、タンジュアル。
コタキナバルには、日本人に良く知られたリゾートホテルは四つ。
二つは市内、二つは郊外。
タンジュアルにはプライベートビーチがあり
海水浴はもちろん、馬に乗って散策もできるとか。

20090207012
さすがに早朝はほとんど人影がありませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

そこから少し市中心部に向けて移動すると、
宿泊したホテル、ステラ・リゾートがあり、
それほど遠くないところに、モスクが。

200902070212

200902070322

ここは州立モスク。別名、ブルーモスク。
コタキナバルには大きなモスクが三つあり、
それぞれ、ブルーモスク、ピンクモスク、
イエロー(ゴールド)モスクの愛称があるそうだ。
外観の色でそう呼ばれている。
モスクもいろいろ見ているけど、
ブルーは私には珍しく感じた。
世界的にはどうなんだろう。。。。
尖塔の先の月と星の飾り?がキレイ。
他のモスクにもあるのかな?

ムスリムではないので、中には入れません。
門扉、閉まっていたしあせあせ

しばらく、このステキな外観を見学。
その後は、前日、一人で買い物に出た時にも行った
クラフトセンターとフィリピノマーケットへ。
ここでは、カメラを出していたら危なそうだったので
写真は撮らなかった(大丈夫だとは思うけど……)。
クラフトセンターにはお土産がいっぱいハート達(複数ハート)
もう、買ってあったので、こちらはさらっと見て
フィリピノマーケット。
野菜やら、お菓子やら、魚やら、生活に必要な物は
何でも揃うマーケット。
一人で来た時は時間が遅かったので、もう、魚はなかったし
果物屋さんも店じまいしているところだった。
この日はじっくり観察。
いくら?って聞いたら、なんだかんだ行ってきたけど
持って帰るわけにはいかないので、
「聞いただけだよ~」って言って通り過ぎた。
生活するなら、ここで生きのいい魚、買いたいなぁ。

と、一通り見て、ちょっとハイアットリージェンシーへ。

2_2

これは、まだ残っていた春節の飾り。
ここはここで、きれいに飾っていたので気に入った。

ホテルそのものには用はなかったんだけど、
お手洗いトイレを借りに。。。。

私は、10年以上前の中国や香港のトイレを使っていたので
マレーシアのもそんなに気にならなかったけど
普通、日本人、特に女性は、ショッピングセンターのトイレでさえ
敬遠するとか。
(私は日本人ではないのか???)
なので、ちょっと失敬。

さらに移動して、ちょっとした高台へ。
一応、展望台と書いてある。
ガイドブックに載っていたかなぁ???

20090207

確かに、欧米系のツアーのバスが何台も来たけど、
それほどは高くない。
市街地からかなり、北東へ行ったところ。

ただ、街を眺めるならやはりここらしい。

2009020732
展望台から市中心部を望む。

と、いろいろ回って、お話もして(これがメインexclamation ×2)、
ちょっと早いけど、お昼ご飯に。

いきつけのお店を紹介してもらった。
似たようなお店はたくさんあるけど、ここがおいしいとか。
(お店の名前は忘れてしまった!)

頼んだのは、スチームボートと
200902072

ラクサ。
200902072_2

スチームボートは釜飯みたい。
味付けは違うけど、何味、とは表現しにくい。
マレーシアの代表的?料理。
ラクサも、そう。
以前、万博の時にマレーシア館で食べたラクサは
一般的な説明の通り、カレースープに麺が入っていて
唐辛子の辛さもかなりきつかったけど
ここのラクサは、ココナッツカレーの味がとっても良くって
食べ易かった! もちろん、おいしいしわーい(嬉しい顔)
辛いのが好きな人用に、小皿に辛いペーストが入っている。
すこ~しだけ入れてみた。
これはこれで、おいしい!
とっても庶民的な店。
中国人が経営していて、マレー人が働いている店が多いので
見たらすぐにわかります。
ぜひ、お試しを!

昼食でしばらく、休憩。

午後は午後でかなりアグレッシブに動いた。

続きは、次回ウインク

| | コメント (0)

逃避行記19~バンブーダンス~

久々の「逃避行記」です。

もう、次の海外旅行飛行機に行ってきたのに、
二月のマレーシア旅行記がまだ三日目……。

頑張ります!

今回は、滞在三日目の夕食。

現地滞在の知人と約束し、会うことになっていたのが
先方の仕事の都合で夜7時集合に。

久々の対面もつかの間、すぐに夕食に出かけた。

連れて行ってくれたのが、「双天」という
自分で食材・調理法をオーダーするマーケット兼食堂?。

2
マレーシアなのに、ここは中国語の看板がいっぱい!
何を売っているかも中国語も書いてあるので、一目瞭然目
安心してオーダーできます。

Photo
(この店でオーダーはしていない……と思うあせあせ(飛び散る汗))

ガイドブックでも見ていたけど、
一人ではとても食べられない量になるし
言葉が通じないとなんともならない、、、、
と思っていたんだけど、連れて行ってもらえたし
お薦め料理も教えて頂け、ラッキー!

12
奥はサテー、マレーシアの伝統的な焼鳥?
つまみ?にココナッツとキュウリみたいな野菜がついてくる。
サテーソースの味は地域によってかなり違うとか。
ここはココナッツの味が濃くてマイルドだった。
辛いのが好きな人は、辛いタレもついてくるのでお試しあれハート達(複数ハート)
手前は名前はわからないけど、現地でよく食べる野菜のソテー。
塩味でおいしい揺れるハート

22
牛肉と野菜の炒め物。
うーん、中華!
マレーシアでは、マレー料理はもちろん、中華も
イスラム系の料理も楽しめる。
今回の旅ではまだ、中華は食べていなかったので
おいしく頂きました。
ここはイスラムの国なので、何も言わないと
豚肉ブタは出てこない。牛牡牛座か、鶏ひよこか、マトンか。

32
中華で、しかも食材・調理法オーダーだったら
絶対食べたかったエビ!
同行の知人はエビが食べられないと後から聞き
申し訳ないあせあせと思ったけど
時、すでに遅し。オーダーしてしまったあっかんべー
自分で「白蝦」を選んで、1キロ☆☆リンギットって言われたけど
多すぎるから、確か500gかもう少し少な目を頼んだはず。
が、出てきたらまだ多かった!
でも、エビ、しかも、「白蝦」を茹でただけの
シンプルなこの料理が大好きなくまねこは
一人で平らげましたexclamation ×2
おいしかったぁ目がハート

料理はあと、チャーハンと、何かあったと思うけど
写真撮るのを忘れて食べてしまいましたほっとした顔

そして、ここの売りはもう1つ、サバ州の民俗舞踊。

以前は毎日、ショーがあったそうだけど
今は曜日が決まっているとか。
たまたま行った日はショーがある日だった。

2_2
バックで演奏しているおじさん。

12_2
この衣装、しぶくていいぁ~。

22_2
華やかな衣装。

ダンサーは同じだけど、
いろいろな現地の民族の衣装で踊ってくれる。

そして、この衣装は……

32_2
奥の男性、見えますか?
長~い竹を持っています。
そう、ラストはバンブーダンスです。

2_3
テレビなどでも時々見かけるけど、よくあるのは
竹二本を使ったもの。
でも、ここでは四本使って、すごいスピードで
竹を踏まずに渡って行くあせあせ(飛び散る汗)
しかも、この後、目隠しして、全く同じように
ダンスしていましたぴかぴか(新しい)
本物見たのは、万博以来。
竹四本のは初めてわーい(嬉しい顔)

と、ショーを見られただけでも嬉しいのに
さらにさらに、サービス!
ダンサーと記念撮影できるのですexclamation ×2

子供や中華系、西洋人が喜んで写真を撮っていました。

という私も仲間入り!

2_4
ちょっと手ぶれしていますがあせあせ
お客さんが多い時は
ダンサーが2グループに分かれて撮影するのに
最後にお願いしたら、なんと、全員横に並んでくれました!

すっごい記念でするんるん

実は仕事の話もあったので、食事しながら
ショー見ながら、写真撮りながら話もしたのですが
当然、食事の2時間ほどでは時間が足りず、
仕事のお話は翌日に持ち越し。

ホテルホテルまで送ってくださると言うので
途中にスーパーがあったら、寄って!とお願いした。

実は、ホテルで夜、エアコンを切っても寒くてなかなか寝られず
布団を追加で頼んだんだけど、これはうまく伝わらなかったようで
持っていた服を着こんで寝たんだけど、まだ眠りが浅いペンギン
しっかり眠るために、アルコールの力を借りようと
スーパーでアルコールビールを物色。

が、イスラムの国、アルコールはご法度なので
自力ではみつけられず、知人にお願いして
アルコール売り場へ。

ここのスーパーにはいろいろあったけど、
残り二晩だと、たくさんはいらない。
けど、小瓶は売っていない。
で、あまり得意ではないけど、ビールを購入。

2_5

気が抜けてしまうので、二本。

日本で買うより高かったかも。
さすがイスラム教を国教とするマレーシア。
トランジットの香港で何かアルコール買っておけばよかった。

この後、旅行の時には夜、寝付くために
ナイトキャップを持参、或いは現地調達する習慣になった。

首尾よく、アルコールもゲット。
ホテルまで送っていただいて、翌日、早朝のお仕事で
近くに早くに来るとのことで、朝7時半くらいの約束をして
この日はおしまい。

くまねこはこの日、午前中、一人で街中でショッピング、
プールで一泳ぎ魚していたので、ホテルに着いて速攻でビールを飲み
眠りにつきました眠い(睡眠)

| | コメント (0)

逃避行記18~ロビーラウンジ~

そう言えば、忘れていた。

ホテルサービスで、チェックインの時にドリンクが出たのと別で
ウェルカムドリンク券があって、二日目の夜、使ったんだ。

夜、何時からか忘れてしまったけど、ロビーラウンジでは
生演奏notesがある。
その時間にドリンクを頂いた。

32_2

暗くて、遠くて、写真ボケている…。

何にしようか迷ったけど、重なってしまうけど紅茶にした。
コーヒーcafeという気分ではなかったし、コールドドリンクbar
ホテル内が寒いくらいに冷房が効いていて、
とても頼む気になれない。
アルコールwineも、まだこの時間は早かったのでパス。

42_2 

思い出した! 
この時にアフタヌーンティーがあること、知ったんだ!

52_2

ラウンジ真ん中のモニュメントとシャンデリア。
天井が高くて、ほんのり暗くて、
生演奏もあって、
とっても素敵な、のんびりした時間を満喫。
音楽は昔から興味があったので
ここでも知ったメロディーが何曲か。
オールディーズだったので、セピア色の時間だった。

72

夜は暗くてよく見えなかったんだけど、
壁にはものすごく大きい縦長の絵がかかっていた。
海辺なのでやっぱりヨットの絵。
ハーバーリゾートらしい。
手前の提灯は、中国の旧正月、春節の飾り。
まだこの時期、飾りが残っていた。

92_2

上の写真でもわかるけど、
あちこちに綺麗なユリのアレンジメントが
ふんだんに飾られている。

それをアップでcamera
フラワーベースの中の葉っぱの使い方がステキ。

102

ラウンジのソファとクッション。
シックな色で、ナチュラルな感じ。

こんなステキな空間でしばし楽しみ、
この日のハードスケジュールを振り返りながら
ラウンジを後に。

2_7

ラウンジとフロントの間には
ホテル内、装飾花はユリで統一されているらしく
大きなアレンジメント。
これもいいなあ。

あ、そうだ、ついでにロビー探索。

奥にはお土産屋さんと会議室スペース、
その間に目立たない化粧室。
用はなかったけど、入ってみたら

2_8

とっても広々。ガラスもピカピカshine
サンスベリアも植えられている。
さすが☆☆☆☆☆。

ホテルライフの快適さを再認識。

| | コメント (0)

逃避行記17~アフタヌーンティー~

マレーシア・コタキナバルへの逃避行、三日目、午後のお話。

午前中はrainthunderの中、市街地へショッピングへ。
その時に行ったショッピングセンターでrestaurantを食べそびれ
ホテルのシャトルバスでとりあえずホテルへ一旦戻った。

この日は知人と連絡を取る予定になっており、
昼ごろ、mobilephoneで話したところ出張から市内へ戻るのが夕方になる、
その時刻に連絡が取り易い場所にいて欲しいとのこと。
ホテルの部屋に連絡をもらうのが一番確実なので
5時頃部屋にいられるように午後の予定をアレンジ。
外にいてもmobilephoneで連絡はつくんだけど、海外だと受信しても料金がかかるので
ホテルのtelephoneが安上がり。かける方にとっても。
それに、うるさい場所だとmobilephoneの着信音に気づかないことも多いし。

さて、何をしよう。
逃避行も三日目、ちょっと疲れてきたし。
でも、たくさん食べているから体も動かさないと……。

考えながら歩いていると、ロビーのティースペースで
アフタヌーンティーcafeをやっていることを思い出した。
午後2時から6時まで。
この時点で確か12時ちょっと過ぎ。
ホテル内のプールへ泳ぎに行き、シャワーを浴びて
ゆっくりしたらちょうどティーの時間!

ということで、部屋に戻り泳ぐ準備をして、いざプールへ!

が、建物内をどんなに探しても見つからない。
ホテル内の探検をしてしまった!

12

ホテル内、ウェディングオフィスの看板。
へぇ、こんなオフィスもあるんだ。
ステキだなあ。

お、オフィス発見search

12_3

12_2

確かに、夜、ホテル前にこんな車が停まっていた。

2_3

うーん、とってもムーディーshine

違う、違うsweat01探しているのはプール。

お、スパの写真!

2 

スパのスタッフは確か英語話せたはず。聞いてみようsign01
cat「プール、どこですか?」
dog「Outside」……
屋外とのことcoldsweats01
そりゃ見つからないはず。
教えてもらった方へ歩いて行くと、やっとあった!

2_2

ホント、屋外だ~。
雨、まだ降っているんだよなぁ、どうしようcatface
せっかくだ!部屋で水着着てきちゃったし、泳ごう!
更衣室は……
cat「「すみません、更衣室、どこですか?」
dog「スパのbehind」
cat「???」
behindって、後ろだよなぁ、footfootfoot、あ、あった、あったheart02

cat「すみません、荷物ロッカーは?」
dog「ないよ」
cat「ない???」
dog「ビーチサイドのチェアに置いたら?」
置いたらって、雨降っているし、盗られるかもしれないし……。
ま、いいや、そんなに人いないし。

着替えを適当に、プールからほど近い椅子に置いて、
いざ、雨中遊泳fish

泳ぐのは得意なんで、気持ちいい!
雨降っていたって、水の中、関係ないしwink

プールには広東語を話す人と英語を話す人が数人いるだけ。

プールの真ん中にはバー。そこでドリンク飲んでいる人もいる。
なんとも、のどかなリゾートホテルのプール。

がしがし泳いでいたけど、30分もすると体が冷えてきた。
アフタヌーンティーの時間も近いし、疲れるほど泳ぐ必要もないし、
と、部屋まではすぐだけど、とりあえず体を拭いて、
部屋から着てきたワンピースを羽織って部屋へ。

シャワーを浴びて、またまたリラックスheart01

2時までまだ少し時間があったので、
普段、自宅では見ないtvを見ながら髪を乾かす。
たまにはテレビもいいかな。

さあ、お楽しみhappy01 アフタヌーンティータイム!

オーダーすると、ウエスタンかローカルか?と聞かれた。
お菓子がイギリス風とチャイニーズ風があるとか。
このホテルの雰囲気なら、イギリス風でしょう。

じゃーん32notes

三段かと思ったら二段だったけど、
思い通りのスコーン、ジャム、サンドイッチ、チョコレートなどのお菓子。

12_4

紅茶だけ頼んでも、さすがホテル内、クッキーがついてくる。

22_2 

他にはほとんど人はいない。
数人いたけど、気にならない程度。
テーブルにはやはり、お花。
カラーって、南国のお花なんだ。

42

下の段のお菓子。

52

上の段はスコーンとクリーム、ブルーベリージャム。
う~ん、かなりのボリューム。
もっと泳げばよかったかなcoldsweats01
でも、全部頂いたbleah
お味は合格。
香港に住んでいた時に行った、
ホテルのアフタヌーンティーを思い出した。
あの時も海が眺められるホテルの二階で
とっても優雅な気分だったなぁ。

2_4

窓から外を眺めると、まさに南国。
まだ雨が降っていて画像が少し歪んでいるsweat02
でも、外の噴水池の底面にまで模様が描かれているのが見えて
ゴージャスな気分。
おしゃれよねー。
うちの庭もこんなんだったらいいのに!

2_5

ラウンジとロビーを隔てる部分には
きれいな黄色のユリのアレンジメントが。
確か、到着した日は白っぽい花だったような……。
お花だけ見ていても心が和む。

2_6

アレンジメントの拡大。
ふむふむ、私も応用しよう。

と、お茶を頂き、外を眺め、お花を観察し、
あとはぼーっとのんびり。
日常から切り離された世界を堪能。

ゆっくり、ゆったり、二時間ほどここに滞在。

が、そろそろ部屋で(も)くつろぐか。

お会計、確か15リンギット。
これにサービス料が入って、17.ちょっとだったけど
細かいコイン持っていても使えないので
チップに置いてきた。
1リンギット、当時は25円だったから
大した額ではないんだけどね。
気分良かったから。

知人から電話が入るのを待つため、自分の部屋へ。
続きは次回。

| | コメント (0)