« 新春からお針子さん | トップページ | 初詣で »

お節、受難!

お正月、妹が実家宛に銀座の料亭、川端のお節を頼んでくれた。
1日午前指定で、クール便で届くように。

が、1日、お昼になっても届かない
ショップに電話すると、他のお客さんからも「届かない」とのtelephoneがあったらしい。

その後の調査によると、ショップからは運送会社に出荷しているのだが、
運送会社の倉庫に、そのショップの商品すべてが積み残されていたとのことsign02

妹の話では2日午前には着くよう、rvcarの手配がされた。

ただ、ピンポイントの季節商品、しかもお祝い事の、ナマ物。
ショップは運送会社に損害賠償するつもりとのこと。

さてさて、その後、手配がついたrvcarで配送されたのだが、
なんと、東京ナンバーの赤帽の車が来たとのこと。
さすがに自社の車は手配がつかなかったらしい。
傭車で、しかも高速を飛ばしてはるばる数百km、運送会社、大損sign03
こんなトラブルもあるのね。。。。

そんな話を聞いていて、2日午後、私も実家に到着。
お客様もあり、houseを覗いてみると

20090102012

右半身に障害のある父が作った、ペーパークラフトの門松が迎えてくれた。
干支の牛のクラフトも。

20090102022

テーブルにはすでに、お客様用、お節のお膳が並んでいた。
左上の黄色い実はたぶん、実家庭の千両。
赤い実が置かれたお膳もあった。
松葉も多分、実家庭のもの。
右下の葉っぱは南天?

20090102032

金粉入りのお酒も用意されていた。
ん? 4人で食事するはずが、グラスは三つ?
後で外出予定で、その運転手分はグラスがなかった。
運転手は……私。
この場では、お酒にはありつけなかった。
お酒は、この辺りでは有名と言うか、一般的な国盛。

20090102042

さてさて、届いた料亭のお節。横の小瓶は黒豆。おまけで時雨煮もついてきたらしい。
お箸の下のお品書き、三枚に渡って筆で手書きでした。
さすが、高級料亭。
それを見たら、からすみ、フォアグラなど高級素材がずらずら。
全部は読みきれなかったくらい。

20090102072

はいはい、空けたところ。二段にぎっしりお節が詰っている。
もちろん上げ底などではなく、この下に隠れているお品もあった。

200901020622

拡大。私の大好きな魚の卵系がたくさんheart04
左上のゼリー状のものは、梅の味のものでおいしかった。
あわびも入っている。いくらも、からすみも。
この手鞠麩はもちもちしていて、中に何か入っていたらしい。
私はありつけなかったので中身は不明だが、食べた二人も???だったとのこと。
子持ち鰊も、昆布巻きも絶品heart01

200901020512

煮物系の段。こちらも上品な味でおいしい。
色は派手しさはなく、自然の色合いを大切にしていた。
なので、栗きんとんは、実家で作り、くちなしで色付けしたものの方が鮮やかな黄色だったくらい。

20090102082

実家で母と妹が作ったお節も並べて。
はまちの昆布しめ、紅白なます、ごぼうの肉巻き、たつくり、きんとんなど。

200901020922

実家で作ったお節の拡大。あ、酢蓮根、蕪の酢漬けもあったなぁ。

20090102102

お節だけでは主食がないので、お雑煮の登場。
う、私、自宅でお雑煮食べてきたんだけど。。。。
でも、平らげた。
朝は朝、昼は昼(o^-^o)

うーん、銘々皿は、これは菓子器では……。ま、いっか。

ゆっくりお節を堪能して、しばらく歓談。

その後も、お正月らしく、上生菓子でお茶。私、大好きなのよね、生菓子。

20090102112

とりあえず、五種類が登場。

20090102122

お抹茶を点てました。私は中学校時代、茶道クラブ所属。
盆点前くらいはできます。

お抹茶は何煎か頂きました。お抹茶も大好きです。

20090102132

生菓子もあっと言う間になくなり、その後は日本茶と干菓子。妹が持ってきてくれた和三盆。
漂白しておらず、自然な色。
上品なお味でした。

と、午後からさんざん食べまくり。
自宅に戻って体重を量ったら、なんと、まあ、年末より1.5キロ多かった!

ま、お正月だから大目に見て!
休み明けから、またハードな時期が一ヶ月ほど続くのだからsweat01

|

« 新春からお針子さん | トップページ | 初詣で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新春からお針子さん | トップページ | 初詣で »