« カードが受け取れない | トップページ | 観光案内ボランティア講義 »

キャンプ!キャンプ!

これまで、本格的?なキャンプには行ったことかなかった
(他の人がすべて段取り整えてくれたのに参加したことはあるけど)。

今回は、誰もイニシアティブとりそうにないメンバーで
仕方なくうちのくまさんが主となって動いて
奈良県のとある山の中のバンガローで一泊二日のキャンプ。

内容はデイキャンプと変わりないような気もするけど
すごい山の中で、全く暑くなく、暑いとしても
名古屋のようなジメジメしたところがない!
蚊を退治すべく、虫除けスプレーとか蚊取り線香も
持って行ったけど、なくっても全然平気。
他の虫はランタンの明かりに寄ってきたけど。

そうそう、そのバンガローは電気が通っておらず
共同の水場とトイレだけは、裸電球がともっている他は
明かりは一切なし。
夜は懐中電灯とランタンがたより。

キャンプ前日、クーラーボックスとランタンを購入。
食材や紙皿は当日、メンバーが揃ってから近くの
大型スーパーで調達。
私はこっそりと前日に、クーラーボックスに入れる氷と
お茶の需要に供えて、ペットボトルにお茶を入れて
凍らせておいた。これがなんと二日目の朝まで
1/3くらいは氷が残っていた。大成功!
あとはやはり前日やむを得ず炊いたご飯、
そのままでは腐ってしまうので、おにぎりにして
一個ずつラップして冷蔵庫へ。
これは一日目の夕食の一部になった。

そして、出発! 
高速道路はなんとか私でも運転できそうだったけど
道路地図を確認していた二人におまかせ。
高速降りてからの山道が、本当に車幅しか道幅がなく
しかもすごいヘアピンカーブ、ほとんど標識が出ていない
状態で、カーナビ頼りになんとか到着。
ほんと、カーナビなかったらあの場所には行けない。

到着後、バンガローの使用代払って、
さっそく、炭と網を調達して、火起こし。
着火剤も使ったけどなかなか火がつかず、一瞬ひやり。
でも、新聞紙も使ってなんとか炭に火がつき
一方で刻んでいた野菜と買ったお肉でバーベキュー!
途中何回か炭を足して、火力も保ちながら
焼き肉大成功!

と、ここまでは普通のキャンプと同じかもしれない。
違うのは涼しさ。
日が当たるとさすがに暑いとは思ったけど
空気がとっても清清しい。
私は思わなかったけど、メンバーは夜には寒いと、
毛布に包まっていた。
湿度が低いとこんなに気持ち良いのか、と初めて実感。
以前参加したキャンプでは、
日の当たるところで炭を起こしていたので汗だくになったけど、
今回はロッジの屋根の下にテーブルとはめ込み式の
炭火焼き用コンロがあったので
日に当たらないところで作業が出来、これもありがたかった。
そして周りに明かりがないので、
自分の実家で見る星より多くの星が見えた。
天の川まで。

ロッジの管理人さんいわく、
あっちの方向から朝5時45分くらいに日の出が見えるとのこと。
いつもはお寝坊さんの自分も、5時15分くらいには起きて
日の出を見た。
山の天辺の木の間から少し光が漏れてきたかなーと思ったら
太陽が見る見る上がってきた。
こんな光景、お正月でも見たことない。

で、二日目朝も炭を起こして焼きそばの朝食。
さくさく片付けて8時頃にはキャンプ地とおさらば。

あとは鮎が食べたいとか温泉に浸かりたい、とか言っていたけど
鮎は、時間が早すぎてお店が空いておらず
温泉も二箇所回ったけどどちらも休業。
仕方ないので高速道路の道の駅にある温泉に入り
軽く昼食をとって帰宅。

最後に、食材、宿代、ガソリン代などを割り缶にしたら
一人ジャスト7000円!なかなかお値打ちな旅だった。

でも、私には、費用よりも何より、
あの清清しさ、何もない自然の中で
仕事のことも何も考えずに過ごせた時間が何よりの収穫。
また、行きたいな。

Coleman(コールマン) LEDフローティングランタン 170-9204 Coleman(コールマン) LEDフローティングランタン 170-9204

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« カードが受け取れない | トップページ | 観光案内ボランティア講義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カードが受け取れない | トップページ | 観光案内ボランティア講義 »