« 初めての同時通訳 | トップページ | 新たな翻訳のビジネススタイル »

なぜ中国語を…

くまねこさんは中国語スクールを経営されているようですが、
大変興味があります。いつ頃から始められたのですか? との質問があった。

以下、お返事です。自分の記録として残したいので。

大学卒業して半年からです。
当時は海運会社に勤めていたのですが、サイドビジネスの形で。
私は資金ゼロでスタートし、今も、法律が改正されたので
そろそろ株式にしようかと考えていますが、 現状は個人事業です。

人の下で使われたくない、という思いは高校生のときからありました。
どうも合わないんですよ、私の性格には。
また、私の出身地愛知は管理教育が非常に厳しく、
学校が子どものすべてを管理していました。
私の両親は小学校の教師で(もう退職しましたが)
私の何もかもコントロールしようとしたので
その反発で、いつか見返してやる、と自分がトップに立つことを
目標としていました。
まあ、個人事業ですから、自分がトップでもあり、
ペーペーでもあるのですが。

中国語スクールを選んだのは、結果として現状そうなっているだけ。
自分は中国語通訳者になりたいのです。
もちろん、今も通訳をしていますが、もっとレベルの高い 通訳者になりたい。

通訳といえば英語かもしれませんが、英語はライバルがいっぱい。
中国語を勉強し始めたのは大学に入学したときですが、
当時、中国語の世界ではライバルは少なく、
また、仕事の量として、あの大国のこと、絶対量が確保できると思って中国語にしました。
他に、漢文を習って、同文同種なんていうけど、中国人の思想は日本人と全く違う。
そこをもう少し詳しく知りたい、と思ったのもきっかけ。
そして、今も苦手ですが、漢字の成り立ちに興味があったので、
中国語を勉強すればたくさん漢字が覚えられるだろうと思ったのも一端。

語学だけで食べていくのは、英語でも難しいこと。
でも、自分は通訳も、翻訳も、中国語講師も、スクールの経営もして、
なんとか食べていけるくらいにしました。
あまりもうけはありませんけどね。
私は、儲けるよりも、そこそこ食べていければいい、
でも、常にトップでい続けて、人に達成感を与えられる存在でいたいので、
今の仕事を大きく変えることはないと思います。
スクールは大きくして、私がいなくても回っていくようにし、
分校も作りたいですが。

|

« 初めての同時通訳 | トップページ | 新たな翻訳のビジネススタイル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42767/705102

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ中国語を…:

« 初めての同時通訳 | トップページ | 新たな翻訳のビジネススタイル »